技術部門
技術部門

日本ジッコウ技術研究所では、

研究・開発を続けることにより
品質の高い製品の提供を
支えています。

技術研究所は分析技術分野と製品・工法開発分野の2分野から構成されています。両分野ともコンクリートの性質をより深く究めるところから、防食・防水等コンクリート保護技術の研究を出発させています。この基本方針のもと、分析技術分野は豊かな知識と経験に基づいて、調査・診断技術を支え、また、製品・工法開発分野は保護被膜の耐久性の向上を目指して、マクロ・ミクロの分野で研究・開発を続けることにより、品質の高い製品の提供を支えています。
about
technology

分析技術

コンクリートは、石・砂・セメント・水から作られる単純な物質ですが、
その劣化には様々な物質・要因が絡み合い多彩な劣化現象が診られます。
技術研究所では、先進の分析機器を用いてコンクリートの劣化を診る事に重点を置き、
ポイントを押さえた解析能力の充実を図っています。
分析技術分野では、コンクリート劣化原因を特定し、的確な劣化防止対策の提案をサポートしています。

development

製品・工法の開発

コンクリート防食・防水工の完成品質は、現場の施工品質に大きく依存しています。
全国に散在する現場の施工条件は地域・季節・構築環境によって、温・湿度などが異なり、施工品質に大きな影響を及ぼします。
製品・工法開発分野では、幅広い現場の施工条件に適応し施工性に優れた製品の開発に取り組んでいます。

試験施工の様子

試験施工の様子

性能試験(モルタル材の性能試験)

性能試験(モルタル材の性能試験)

01
異業種との業務提携
異業種との
業務提携
新工法・新製品には、時代を反映したハイブリッドな材料が要求されています。日本ジッコウでは、異業種との業務提携を行いながら、常に新しい材料・工法を模索しつつ研究開発を行っています。
02
公的機関との技術協力
公的機関との
技術協力
大学との共同開発では、補修・改修時の劣化部除去方法の検討、また除去後の残存イオウの問題などの基礎的な研究を共同で行ってきました。また、公的機関との技術協力より、広くコンクリート劣化問題に関わる取り組みを行っています。
03
JERコンクリート補改修協会加盟企業との連携による現場条件を重視した製品・工法
JERコンクリート補改修協会加盟企業との
連携による現場条件を重視した
製品・工法
防食・防水材は、現場施工を通じて完成品となるためその品質は施工の優劣にかかっています。
日本ジッコウでは、JERコンクリート補改修協会研修会を通じて現場の意思を製品に反映し、また、製品・工法に対する知識と施工技術の向上を目指しています。

01

BUSINESS

防食部門
防食部門
上下水道・管路・入孔のコンクリート構造物を腐食などの劣化環境から保護するコンクリート防食部門です。
READ MORE

02

BUSINESS

SES部門
SES部門
SES部門では、道路・橋梁・トンネル等⼟⽊構造物及び学校等公共建築物などの社会インフラの維持・修⼯事を調査〜施⼯まで⾏っております。
READ MORE

03

BUSINESS

特販部門
特販部門
課題解決につながる適材適所の技術提案を通じたコンクリート構造物の⻑寿命化に貢献する建設資材の販売します。
READ MORE

04

BUSINESS

混和剤部門
混和剤部門
コンクリートの品質を通して、お客様の抱える課題を的確に把握し、技術サポートのもと品質検査を⾏い、満⾜の得られるコンクリートの品質確保に努めております。
READ MORE

05

BUSINESS

技術部門
技術部門
技術研究所はコンクリートの性質をより深く究めるところから、防食・防水等コンクリート保護技術の研究を出発させています。
READ MORE

06

BUSINESS

営業企画部門
営業企画部門
日本ジッコウ営業企画部では、「施設の長寿命化に関する課題解決を提案する」を目標とし、製品工法の知名度認知向上に努めております。
READ MORE
事業・工事に関するお問い合わせ

日本ジッコウへ各種お問い合わせはこちら

contact
↑